People’s Republic of China

中国国旗中国国章

正式国名

中華人民共和国

日本語漢字表記

中国

地域

東アジア

首都

北京

政体

人民民主共和制

議会

中国共産党による一党独裁。議会は形式的なものでしかない。

独立

1949年10月1日:中華人民共和国成立

日本との国交樹立

1972年9月

面積

約960万平方キロメートル(日本の約26倍)

人口

約14億人

民族

漢民族(総人口の約92%)及び55の少数民族

言語

漢語(中国語)

宗教

漢語(中国語)

祝祭日

  • 1月1日:元旦 – 西暦の新年
  • 3月8日:国際婦女節(婦女節) – 女性の社会、政治、経済等への貢献を祝う。
  • 3月12日:植樹節 – 孫中山の逝世記念日。植樹や造林活動を行う。1979年に全国人民代表大会で決定。
  • 5月1日:国際労働節(労働節) – 働く人の社会及び経済への貢献を祝う。
  • 5月4日:五四青年節(青年節) – 1919年5月4日に反帝国主義運動を行った学生を記念する。
  • 6月1日:国際児童節(児童節) – 子供の福祉の促進を祝う。
  • 7月1日:中国共産党建立記念日(建党節) – 1921年7月23日の中国共産党の設立を記念する。
  • 8月1日:中国人民解放軍建軍節(建軍節、八一建軍節) – 1927年8月1日の南昌起義を記念する。
  • 9月3日:抗日戦争勝利記念日 – 1945年9月2日日本が連合国の降伏文書に調印したことを記念する。
  • 9月10日:教師節 – 教師の社会への貢献を祝う。1985年1月に全国人民代表会議で設立された。
  • 10月1日:中華人民共和国国慶節(国慶節) – 1949年10月1日、中華人民共和国中央人民政府設立を祝う。
  • 中国暦1月1日:春節 – 中国暦の新年。中国暦の12月30日(前年)、1月1日、1月2日をそれぞれ除夕、年初一、年初二という。
  • 中国暦1月15日:元宵節 – 小正月。灯篭を観て楽しんだり、元宵(甘いスープの中に餡を包んだ餅を浮かべた食べ物)を食す。
  • 中国暦2月2日:春農節、または龍擡頭、龍頭説とも呼ばれる。 – 2月2日に龍が頭をもたげた伝説から。
  • 4月5日または4月4日、4月6日:清明節 – 墓参り。先祖を祭る。
  • 中国暦5月5日:端午節 – 端午の節句。屈原が祖国の行く末を嘆き汨羅江に身を投じたのが始まりと言われる。粽を食べたり、ドラゴンボートレースをする。
  • 中国暦7月7日:七夕 – 乞巧節、七巧節、七姐誕とも呼ばれる。織女と牽牛が天の川の橋の上で会った伝説から。
  • 中国暦7月15日:中元節、鬼節、盂蘭盆節、七月半とも呼ばれる。お盆。
  • 中国暦8月15日:中秋節 – お月見。家族が集まり、月見をしたり、月餅を食べる。
  • 中国暦9月9日:重陽節 – 重陽。敬老の日。
  • 中国暦節気冬至:冬節、過冬、長至節、亜歳とも呼ばれる。北部では餃子を食べることが多い。南部では湯円(元宵)を食べる。
  • 中国暦12月8日:臘八節 – 祖先の霊を祭る。豊作、吉祥を祈る。臘八粥を飲む。
  • 中国暦12月23日(北のほう、南のほうは12月24日):小年、または祭竈節 かまどの神を祭る。かまど王を天に送り、神様にかまど王の善悪を判断してもらう言い伝えから。
  • 中国暦12月30日(或いは12月29日):除夕 – おおみそか。年越し料理を食べたり、爆竹を鳴らす。
  • ヒジュラ暦10月1日:開斎節 – 肉孜節とも呼ばれる。ラマダーンの終わり。イスラム教の祭日
  • ヒジュラ暦12月10日:宰牲節 – クルバン節とも呼ばれる。犠牲祭。巡礼の次の日。イスラム教の祭日

主要産業

鉄鋼、アルミニウム、機械製造、繊維、衣料品、輸送機器

主要貿易品目

輸出
コンピュータ・通信機器、アパレル、家具、織物
輸入
集積回路・コンピュータ部品、石油・鉱物燃料、光学・医療機器、金属鉱石、自動車、大豆

通貨

人民元(CNY)

国際電話番号

86