Kingdom of the Netherlands

オランダ国旗オランダ国章

正式国名

ネーデルランド王国

日本語漢字表記

蘭 – 和蘭、和蘭陀、阿蘭陀、荷蘭陀、荷蘭、尼徳蘭

地域

西ヨーロッパ

首都

アムステルダム

政体

立憲君主制

議会

二院制:第1院(上院)75議席、第2院(下院)150議席

独立

1815年3月16日

日本との国交樹立

1609年:徳川幕府がオランダに対して御朱印状を発行
1858年:徳川幕府がオランダとの間で修好通商条約締結

面積

41,864平方キロメートル(九州とほぼ同じ)

人口

約1,738.4万人

人種・民族

ゲルマン系オランダ人77.4%、トルコ出身者2.3%、スリナム出身者2%、モロッコ出身者2.3%、アンティル・アルバ出身者0.9%、そのほか15.1%

言語

オランダ語

宗教

  • キリスト教(カトリック24.4%、プロテスタント15.8%)
  • イスラム教(4.9%)
  • ヒンズー教(0.6%)
  • 仏教(0.5%)
  • 無宗教・その他(53.8%)

祝祭日

  • 1月1日:元日(Nieuwjaar)
  • 3月か4月:復活祭(Pasen)復活祭の日曜と翌日の月曜の2日間にわたって祝う。
  • 4月27日:王の日(Koningsdag)国王の誕生日。2013年までは「女王の日」(Koninginnedag)で4月30日。もともとはユリアナ女王の誕生日を祝う日であったが、ベアトリクス女王になっても引き継がれた。2013年、男性のウィレム=アレクサンダー国王が即位したため「王の日」になり日付も変更された。4月27日が日曜の場合は26日を祝日とする。
  • 5月5日:解放記念日(Bevrijdingsdag)1945年にドイツ軍の占領から解放されたことを祝う。
  • 復活祭から40日後:主の昇天(Hemelvaartsdag)復活祭に伴って変動。
  • 復活祭から7週間後:聖霊降臨(Pinksteren)復活祭に伴って変動。日曜と翌日の月曜の2日間にわたって祝う。
  • 12月25日、26日:クリスマス(Kerstmis)2日間にわたって祝う。

主要産業

卸売・小売業、製造業(食品・飲料加工、化学・医薬品、機械等)

主要貿易品目

輸出
機械・輸送機器類、化学製品、鉱物性燃料等
輸入
機械・輸送機器類、鉱物性燃料、雑製品等

通貨

€ ユーロ(EUR)

国際電話番号

31